>

見られる人を制限しよう

安全性の高いSNSを使おう

誰でも自由に子どもの写真を見られるSNSは、安全とは言いにくいです。
危険を減らすためには見られる人を制限できるSNSを使ってください。
子どもの写真を犯罪に使われるケースも増えているので、自分から対策をしなければいけません。
見られる人を制限すれば、知らない人には見られないので安心できます。

SNSによって、パスワードを設定するなど、制限する方法が異なります。
パスワードを設定する場合は、自分が忘れないようにメモを残しておきましょう。
SNSのパスワードを忘れると、ログインできなくなります。
子どもの成長記録の続きを掲載できないので困ります。
忘れないよう簡単なパスワードを設定すると、第三者が勝手に侵入するので注意してください。

事件に巻き込まれる危険性

SNSに子どもの写真や名前を掲載していると、第三者がわかってしまいます。
すると街で見かけた時に、声をかけるかもしれません。
子どもは自分の名前を呼ばれると、知っている人だと思います。
ですからまったく知らない人でも、着いて行ってしまうかもしれないので、SNSの使い方を考えてください。
子どもを誘拐しようと考えている人は、SNSでターゲットを決める傾向が見られます。

不安な人は、許可した人だけ子どもの成長記録を見られるように設定しておきましょう。
また、子どもの名前を乗せるのは控えた方がいいです。
あだ名で呼んだリ、息子や娘と表記するといいでしょう。
子どもの名前を知られると、犯罪に巻き込まれる危険性が増えます。


Share!
TOPへ戻る